プログラム‎ > ‎

番外編トークライブ

 緊急トークライブ!小説だからこそ伝わるリアル?
  山本弘(作家) × 谷口忠大(ビブリオバトル発案者)
    12/13(土)  15:20-15:45 於:朱雀大ホール

 昨年度よりWEBでの連載が継続していた,ビブリオバトルを題材とした初めての小説「翼を持つ少女 BISビブリオバトル部」がついに単行本化される.
 中高一貫の国際学園で,SFマニアの内気な少女と仲間達がおりなす青春絵巻.発売日は2014年12月22日.シンポジウム当日には間に合わないが,発売を間近に控え,ストーリーの注目点や,執筆の裏側なども紹介.
 一方で,2013年に「ビブリオバトル」(文春新書)の中ではビブリオバトルがラノベ風に紹介される章もあった.ビブリオバトルを題材にした小説を世に出した二人が,ビブリオバトルという活動を物語るポイント,また,その経験から感じたことを語る.

Webミステリーズ!
BISビブリオバトル部 WEB連載




 山本弘(作家)

SF作家。ゲームデザイナー。1956年京都生まれ。最終学歴は洛陽工業高校電子科。長いアマチュア創作およびフリーター生活を経て、1987年、ゲーム創作集団「グループSNE」の一員となり、作家およびゲームデザイナーとしてデビュー。現在はSNEから独立してフリーで活動している。
代表作:『神は沈黙せず』『アイの物語』『詩羽のいる街』(角川書店)『こんなにヘンだぞ!「空想科学読本」』(太田出版)など

(HP)山本弘のSF秘密基地
http://homepage3.nifty.com/hirorin/
 
 谷口忠大(立命館大学准教授・ビブリオバトル発案者)

立命館大学情報理工学部准教授.人工知能やコミュニケーション場に関する研究に従事.専門は創発システム論.ビブリオバトル発案者・ビブリオバトル普及委員会代表.主著「コミュニケーションするロボットは創れるか」(NTT出版)「ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム」(文春新書)「記号創発ロボティクス 知能のメカニズム入門」「イラストで学ぶ人工知能概論」(講談社)

(HP)http://tanichu.com/
(Twitter) https://twitter.com/tanichu

Comments